脱毛

脱毛豆知識

MENU

光脱毛について

光脱毛は高い安全性から多くのサロンで採用されていて、利用者にとってもなじみ深い方式ともいえます。その光脱毛を受けるときに忘れてはならないのが、ムダ毛処理です。はじめての方にとっては意外かもしれませんが、サロンでは事前に説明してくれるはずです。施術前にはムダ毛を剃り、自己処理しておかなくてはいけないのです。

 

ライト脱毛、フラッシュ脱毛など、さまざまな呼び名のある光脱毛ですが、どれも仕組みは同じで、毛根の色素の部分に波長を調整した光(ライト・フラッシュ)をあてて脱毛を促します。ムダ毛が残っていたら、効果は得られません。せっかく予約したのに施術が受けられなかったり、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。

 

それから、事前準備としての自己処理ですが、「脱色」「抜く」など毛根のメラニンを損ねる方法だと光脱毛の場合は効果が得られなくなるので、してはいけません。「溶かす」か「剃る」かどちらかの方法で毛根を残すようにすることが大切です。

 

普段の自己処理では黒いのを残さないように徹底するかもしれませんが、あくまでも光脱毛のための下準備と思って処理すれば気軽ですし、施術の効果も得やすくなります。

 

おためしコースを用意しているクリニックもありますから、足を運ぶ動機にしてみるといいかもしれません。医療脱毛にはレーザーの種類がたくさんあり、どれが痛いか痛くないかがわかるので、実際に受けてみて、自分が感じる痛みはどれくらいなのか確認してみてはいかがですか。

 

また、医療脱毛ではトライアルコースを施術してもらうだけでも、少しは脱毛を実感できることもあります。最近は老若男女が脱毛に通うという脱毛が流行っている時代だと思います。

 

色々な脱毛エステがありますが、様々なエステサロンの特徴などを十分把握してまた行きたいと思うエステサロンに通うようにしたいですね。評判のいいサロンである脱毛ラボの特徴は、まず、全身脱毛が割安でできるという点です。いろんな脱毛法が存在します。

 

ニードル脱毛もそのうちの一つで、施術を一度行うと永久脱毛に近い効果が期待できるでしょう。様々にある脱毛法の中には、脱毛効果が低く施術を受けたのに、しばらく経つと再びムダ毛が生えてくる方法もたくさんあります。

 

ですけど、ニードル脱毛法は脱毛効果がかなり高いので、再び生えることは、ほとんどないです。脱毛器も色々とあり、デリケートゾーンに使うことのできるタイプと使用不可能なものがあります。使用不可能なものを無理にデリケートゾーンに使用したら、肌荒れや火傷の元になるので絶対に使用はやめましょう。デリケートな箇所を脱毛したいなら、きちんとデリケートゾーンに対応している脱毛器を購入してください。

 

8ページ表示

#サイト名PRリンク